理学療法士の専門学校に通えば夢を叶えられる

資格を取るためには

カウンセリング

どんな学校で学ぶか

理学療法士とは、病気や怪我や高齢などの理由で体をうまく動かせない人に対し、運動やマッサージや電気刺激などを用いて運動機能の回復を目指す職業です。理学療法の目的は運動機能を回復させることですが、そのことを通じて自分でトイレにいける、着替えが出来るなど日常活動の改善を行い、QOLの回復を目指すことも大きな目的です。理学療法士は主に病院やクリニックや介護施設で働いていますが、中にはスポーツチームに所属して働く人も居ます。理学療法士として働く為には、国家試験を受けて資格取得する必要があります。国家試験を受ける為には専門学校などで3年以上勉強して受験資格を得ます。主なカリキュラムは一般教養、専門基礎、専門、臨床実習に別れていて、学校での勉強の他に病院や施設などで臨床実習を決められた時間受けます。理学療法士になる為の専門学校の選び方ですが、自分が通いやすいかどうかや学費だけで決めず他にも検討すべき点があります。自分が理学療法士としてどんな職場で働きたいのか明確であれば、専門学校ごとに卒業後の主な卒業先を調べましょう。もし現在働いていて新たに理学療法士の資格を取りたいと考えているのであれば、夜間コースのある専門学校を探しましょう。夜間のコースであれば、今の仕事を続けながら資格取得に取り組むことが出来ます。理学療法士は社会人になってから資格を取り直したいという人も多くいますので、夜間コースを設けている専門学校は意外と多くあります。