理学療法士の専門学校に通えば夢を叶えられる

事前に知っておくべきこと

治療

資格の概要と活躍の場

理学療法士の仕事は若い人を中心に人気があります。理学療法士はリハビリテーション関連の国家資格であり、養成過程がある専門学校に通うことで国家試験の受験資格を得ることが出来ます。理学療法士の仕事に興味があり、専門学校への入学を考えている人に向けて、事前に知っておくべきことについて説明します。まず、理学療法士がどのような仕事なのかを知っておく必要があります。理学療法士は運動療法と物理療法を使って患者にリハビリテーションを提供する仕事です。運動療法というのは運動によって身体機能を回復する治療法であり、関節を動きやすくする施術や筋力トレーニング、歩行練習などがあります。物理療法は、医療機器を使用して体を温めたり、電気刺激を与えることで痛みを軽減したり、筋肉の緊張を緩和したりする治療法です。これらの治療法を組み合わせ、患者に適したリハビリテーションを提供するのが理学療法士の仕事です。専門学校では理学療法士として知っておくべき、医学の知識や専門知識を学ぶことができます。専門学校ではまず校内で基本的な知識や技術を学び、上学年になると実際の医療現場や介護施設などで臨床実習を行ないます。実際の患者さんを相手にして学習することが出来るため、実践的な能力を身につけることが出来ます。理学療法士が活躍しているのは主に、医療機関や介護施設です。実力がある人の中にはプロスポーツ選手のトレーナーや、スポーツチームのサポートスタッフとして働いている人などもいます。